物件見学に圧倒的な臨場感を『360°パノラマVRサービス』
物件見学に圧倒的な臨場感を『360°パノラマVRサービス』
  • RICOH THETA対応
  • かんたん10分で物件登録
  • ウォークスルー機能搭載
  • スマホVRゴーグル表示対応
飲食店向けプランはこちら

比べて分かる高機能、高品質なパノラマ映像

RICOH THETAで360°空間撮影した画像を、アップロード時に自動でパノラマ変換。
ゆがみなく、クオリティの高い写真に仕上がります。
自社のWebコンテンツとして活用すれば、お客様が見るだけで「今ここにいる」という臨場感を味わうことできます。

物件見学に臨場感をもたらす
ZENKEI 360の機能

RICOH THETA対応

1回のシャッターで、360°すべての空間を撮影することができる「RICOH THETA」の全天球イメージに対応。

図面・視野表示

実際にそこに立っているような感覚で、図面で立ち位置と目線の方向を確認しながら見られます。

ウォークスルー機能

ウォークスルー機能で、パノラマ映像の中を自由に歩き回ることができます。

スマホVRゴーグル表示対応

VRゴーグルへの表示対応により、”まるでその場にいるような”没入感のあるコンテンツの提供が可能です。

機能一覧を見る

かんたん10分で
VRプレイヤー公開

図面や写真が準備できれば、ZENKEI 360専用の管理画面からすぐに物件の登録が可能。
下記のステップで簡単にプレイヤーが完成します。
すぐに埋め込みコードが生成され、Webサイト上で公開することができます。
ビューアはHTML5プレイヤーなので、Webブラウザ上でAdobe Flashが使えなくなっても心配無用です。

Step.1

THETA全天球イメージ取り込み

THETAとお使いのパソコンをUSBケーブルで接続して全天球イメージを取り込みましょう。

Step.2

素材アップロード

管理画面にログインし、物件の図面や写真をアップロードします。物件ごとにアップロードすると、一括でタグや位置情報を登録できるので便利です。

Step.3

プレイヤー作成

図面、写真を選択してプレイヤーを作成します。ポイント、視野、ウォークスルー設定、空間タグの設置など、ZENKEI 360ならではの効果を付与することができます。

Step.4

プレイヤー公開

埋め込みコードを自社サイトやブログのHTMLファイル内に貼りつけることで公開できます。


動画で見るZENKEI 360操作方法

すぐにご利用可能

無料でトライアルアカウントの発行ができ、すぐに導入可能。
RICOH THETAで撮影した全天球イメージがあれば 今日から物件登録システムをお使いいただけます。

無料お試し登録

わかりやすい操作

ブラウザからアカウントを使ってログイン。
図面や画像をアップロードして、簡単にプレイヤーを作成できます。

管理画面イメージを見る

大手ポータルサイトから不動産会社まで幅広く導入されています。

全景のVRプラットフォームは、不動産管理システムとして売買の新築・中古一戸建て物件や土地から、 賃貸のマンションやアパート、モデルハウスなど、現在までに100万物件以上に利用されています。

ご利用料金

月額 5,000円(税別)~/ 1アカウント

お試しプランでは、無料で30日間ご利用いただけます。

無料お試し登録
Zenkei Corporation

全景は、パノラマVRシステムを開発して15年。現場の声に応え続けることで進化した、かゆいところに手が届くサービスです。

不動産の世界では、不動産業者を選んでいた時代から、インターネットの普及によって、ダイレクトに物件情報で選ばれる時代になりました。しかし、これまでの物件情報は、「写真が少ない、写る範囲がせまい」「見取り図と写真が連動していない」などのケースが多く、お客様がせっかくWeb上で見ても魅力が伝わらず、契約に至らないケースもあるかもしれません。

全景では、前身のZenkeiCuratorで、すでに現地に行かなくても物件がVRで体験できる膨大な物件情報を登録いただいています。さらにそこから発生するフィードバックをもとに、不動産向けVRシステムとしてより使いやすく効果的に改善し、ZENKEI 360が誕生しました。物件管理を簡単に・楽しく・魅力的に。ZENKEI 360は理想のツールです。

会社案内を見る